オールインワンゲルの効果を高める正しい使い方やタイミング

オールインワンゲルの効果を高める正しい使い方をまとめてみた

オールインワンゲルは時短ケアができたり肌への負担を和らげたりと、様々なメリットがあります。

※オールインワンゲルを使う詳しいメリットについてはこちら!

オールインワンゲルのメリットと正しい選び方!おすすめの製品は?

しかし、オールインワンゲルの使い方が間違っていると、本来の効果やメリットを引き出すことができません。

1本で複数の化粧品の役割を果たしてくれるのがオールインワンゲルの魅力ですが、スキンケアをする以上は効果的に使いたいですよね。

そこで、このページではオールインワンゲルの効果を高める正しい使い方についてまとめてみました。

正しい洗顔で肌の汚れを落とす

肌が乾燥するタイミングでオールインワンゲルを塗るのが効果的です。

そのため、オールインワンゲルは基本的に夜のお風呂上がりに使います。

しかし、肌が汚れている状態で塗布しても保湿成分や有効成分が浸透しないため、まずは正しい洗顔で肌に付着した皮脂やホコリをキレイに落としましょう。

洗顔のやり方が間違っていると、オールインワンゲルの効果が失われます。

具体的にどのような手順で洗顔をすれば良いのか見ていきましょう。

①まずは手を洗って付着している雑菌や汚れをキレイに落とす
②洗顔料を手に取って細かい泡を作るように良く泡立てる
③泡立ちの悪い洗顔フォームの場合は泡立てネットを使う
④Tゾーンや顎など皮脂の分泌量の多い場所を中心に塗布する
⑤乾燥しやすい目元や口元は泡を乗せて軽く動かす程度で十分
⑥33℃~36℃と熱すぎない温度のぬるま湯で洗浄成分を洗い落とす
⑦清潔なタオルを使って肌についた水分を拭き取って完了

正しい洗顔で肌がキレイになった後にオールインワンゲルを使うと、最大限の効果を発揮します。

皮脂詰まりによるニキビや潤い不足による乾燥を予防できますので、まずは今一度洗顔方法を見直すことから始めてみてください。

少量から使い始めて肌に合うのか確かめる

一口にオールインワンゲルと言っても、ゲルのタイプや配合成分、添加物には違いがあります。

例えば、下記のようにオールインワンゲルの種類でメインの美容成分は異なるのです。

・保湿タイプのオールインワンゲルはセラミドやヒアルロン酸などの成分がメイン
・美白タイプのオールインワンゲルはビタミンEやビタミンC誘導体などの成分がメイン
・ハリや弾力を取り戻すタイプのオールインワンゲルはコラーゲンやレチノールなどの成分がメイン

配合成分や添加物で肌に合うのか合わないのか決まりますので、まずは少量からオールインワンゲルを使い始めましょう。

少量のオールインワンゲルを塗布して肌への浸透具合を確認し、肌にマッチすれば通常の量を塗布してスキンケアを行っていきます。

製品によって違いはありますが、一般的なオールインワンゲルの目安量は10円玉~500円玉くらいのサイズです。

正しい順番で肌に塗布していく

洗顔が終わった後の肌は乾燥していますので、なるべく早くオールインワンゲルを塗布しましょう。

その際に正しい順番でオールインワンゲルを塗ると効果がアップしますので、是非一度試してみてください。

①顔全体を包み込むように中央から外側に向かってオールインワンゲルをゆっくり伸ばす
②口角からこめかみに向けて引き上げるように塗ってリフトアップ効果を高める
③フェイスラインから耳に向かって伸ばして小顔効果をアップさせる
④最後に顔全体を優しく手で押さえて温めて保湿成分や有効成分を浸透させる

あまりにもたくさんの量を塗布していると、肌に浸透しきらなかったジェルが残ってカスになりやすいので注意しましょう。

肌が乾燥しやすい場所は重ね塗りをする

顔の中でも目元や口元は乾燥しやすい特徴があります。

「目の下の化粧ノリが何だか悪い」「口元がカサつく」という女性は、肌が乾燥しているサインです。

そこで、肌が乾燥しやすい場所はオールインワンゲルを重ね塗りしましょう。

一度オールインワンゲルを塗り終えて満足できなければ、目元や口元を中心にもう一度塗布するのが正しい使い方です。

もし塗りすぎて肌にベタつく感じがある時は、ティッシュを使って水分や油分をオフしてみてください。

水分が足りない時は化粧水をプラスする

オールインワンゲルは、1回のスキンケアで複数の化粧品の役割を全て果たしてくれるのがメリットです。

しかし、乾燥肌の症状が悪化している女性は、オールインワンゲルの使用で水分が足りないな~と感じることがあります。

肌の潤い不足は様々なトラブルの原因になりますので、そのような時はオールインワンゲルに加えて他の化粧水をプラスしましょう。

洗顔後の肌に化粧水を塗布してから水分を閉じ込めるイメージでオールインワンゲルを塗ると、保湿効果が更にアップしますよ。

「○○○の化粧水じゃなきゃダメ!」ということはありませんが、次の点で比較して選ぶべきです。

・しっとりさを感じられるような成分が配合されている
・防腐剤やパラベンなど余計な添加物が除去されている
・テクスチャーや香りが自分の好みに合っている

自分の好みや肌質に合う化粧水とオールインワンゲルを併用し、肌の乾燥対策を行いましょう。

オールインワンゲルをパックとして使う

オールインワンゲルは保湿効果が高いスキンケアアイテムですので、パックとして使うのも効果的です。

お肌のコンディションが優れない時は、次の方法でオールインワンゲルパックをしてみましょう。

・コットンにジェルを乗せて乾燥が気になる場所に5分間程度パックする
・ジェルを肌にパックした状態で5分間程度入浴し、湯船から上がって洗い流す
・多めにジェルを顔全体に塗布し、サランラップで覆って5分間ほど置く

毎日でなくても良いので、時間のある時にオールインワンゲルパックを試してみてください。

朝と夜のタイミングでオールインワンゲルを使い分ける

オールインワンゲルの種類と使うタイミングが合っていないと、効果を実感しにくくなります。

そこで、朝と夜のタイミングでオールインワンゲルを使い分けてみてはいかがでしょうか。

朝と夜では、下記のようにおすすめのオールインワンゲルのタイプが違います。

・朝はメイクをするので、サラっとしたテクスチャーのオールインワンゲルを使う(UVカット剤が入っていると良い)
・夜は肌をしっとりとさせるために、油分が多くて保湿効果の高いオールインワンゲルを使う

朝のタイミングでオールインワンゲルパックを使う時は、塗布して馴染んで5分間程度置いた後にメイクをすべきです。

夜にオールインワンゲルパックを使う場合は、軽くマッサージをして肌の血行を促す対策をしましょう。

オールインワンゲル選びで迷っている方にはコラリッチEXがおすすめ!

数多くのオールインワンゲルの中でも、コラリッチEXは肌の乾燥対策に力を入れています。

肌の隅々まで潤わせて乾燥を防ぐ6種類のコラーゲンや酵母エキス、美容成分や植物美容オイルがコラリッチEXの魅力ですね。

コラリッチEXも一般的なオールインワンゲルと同じで、基本的な使い方は下記のように難しくありません。

①最初に洗顔をして顔の肌の汚れをキレイに取り除く
②付属のスパチュラで1.5㎝程度のコラリッチEXをすくう
③手の平にとって両頬やおでこ、鼻や顎に乗せる
④顔の内側から外側に向かって満遍なく伸ばして馴染ませる

たったこれだけの手順で、肌に潤いを与えて弾むハリのある状態に導いてくれます。

「自分の肌質に合うオールインワンゲルなのかな?」と悩んでいる女性のために30日間の返金保証制度が用意されていますので、気軽にコラリッチEXを試してみてください。

まとめ

以上のように、正しい使い方でオールインワンゲルをスキンケアに取り入れると効果がアップします。

肌の乾燥による肌荒れや小じわで悩んでいる女性には特におすすめです。

今お使いの化粧水と併用して効果を高めることもできますので、是非一度オールインワンゲルを使ってみてください。

オールインワンゲル「コラリッチ」評判や評価
タイトルとURLをコピーしました